『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

マルチーズのあずきちゃんの近況
2012年11月28日 (水) | 編集 |
こんばんわ、misaです。


マルチーズのあずきちゃんの飼い主のhacoさんから
近況のメールをいただいていました。
大変遅くなりましたが、ご紹介します。


ご無沙汰しています。マルチーズあずきの飼い主のhacoです。
幸せのしっぽは、毎日読ませていただいてます。
掲示板で悲しい知らせを読む度に、辛く涙がでます。
また、闘いの真っ只中に居る子と飼い主さんの不安な様子に
自分も当時を思い出し、揺れ動きながら応援してます。
私も掲示板で何かアドバイスできたら良いのですが…
文章を書くのがとにかく下手なので…
読むだけになってしまうのですが、でも遠く東北から応援だけはしています!

その後、あずきの様子ですが
2010年5月末に脾臓摘出してから現在に至るまで、投薬はなく
2011年9月に寛解宣言を受けて、検査も半年に1度の血液による貧血検査のみです。
PCVは36%から38%台で、低めの数値ですが安定しています。
2011年1月から、弁膜症の投薬治療が始まりました。

簡単な報告になってしまいましたが、あずきはとても元気に過ごしています^^
貧血と弁膜症、病気とうまく付き合いながら
彼女が幸せに寿命を全うしてくれることを願ってます。
また、現在闘ってる子と飼い主さん達が良い報告をしてくれる事も切に願ってます。

季節が変わり東北では、朝晩は寒いくらいです。
どうぞmisaさんも、お身体には気をつけてご自愛下さいね。



低値でも、それで安定していたら良いんです。

まず第一は、輸血に頼らない。
その次が、断薬。
そんな生活ができれば、ワンコも人も嬉しい。

弁膜症の投薬が始まったとの事ですが
お薬で上手くコントロールできる病気だと、私は思います。
預かりっ子だったひゅーごも僧帽弁閉鎖不全で、お薬を服用していますが
今も元気に過ごしてくれています。

あずきちゃんも、まだまだ元気で楽しい毎日を過ごさないとね☆

hacoさん、わざわざありがとうございました。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

スポンサーサイト
神奈川県より供血のお願い
2012年11月09日 (金) | 編集 |
緊急ではなくなりましたが
なかなかクロスマッチが成功していないのが現実です。

引き続き、ご協力をお願いします。


                         2012.11.9 追記




こんばんわ、misaです。



免疫介在性溶血性貧血と闘っているキャンディーちゃん。



6月の発症後、6回の輸血でお薬が効くのを待っていましたが
7回目の輸血の時に、9頭いる病院の供血犬全てとクロスマッチに失敗しました。

お薬が効かない、自分で血を作れない今は
輸血だけがキャンちゃんの命を繋ぐものです。

PCVはじりじりと下がっています。
とにかく輸血が必要です。



キャンディーちゃんの飼い主 かおりさんのブログより転載です。


このブログがなるべく多くの人の目にとまることを期待しながら・・・・

今日はキャンさんの診察日でした。
3,4日前から歯茎が白くなってきて、元気がなくなってきていたので
今日は輸血を覚悟してました。
案の定、PCVは15.2%

先生ともダンナはんとも相談した結果
『今回は入院して輸血とガンマガードを試そう!』ということになり
まずは輸血をするということになりました。

大学病院には9頭の供血犬がいます。
輸血前にクロスマッチテストをかけたのですが、
病院にいる9頭全頭の血液とキャンの血液が適合しませんでした。。。
もう大学病院にはキャンに供血してくれる犬がいなくなってしまいました。。。

キャンは免疫抑制剤を何種類も試していますが、効果がない状態です。
ガンマガードを明日から投与する予定ですが
自己造血に結びつく結果になるのか分かりません。

もし、自己造血に結びつかず、PCVがまた下がっていけば
輸血をしないとキャンは生きていけません。
輸血をすることがキャンの命を長らえる唯一の方法となります。

そうなると、9頭の供血犬の血液と適合しなかった現状、
病院外のワンコに供血のお願いをするほかありません。

どうか、お願いします!!!
キャンを助けてください!!!
キャンに血液を分けてください!!!


お知り合いで大型犬を飼っている方がいらっしゃったら
このブログを転送してください!!!

もし、供血してもいいよという飼い主様がいらっしゃったら
ブログからメッセージをください!!!

お願いします!!!



☆供血できるワンコの条件☆

・最低でも体重15kg以上
・年齢8才まで
・現在までに大きな病気にかかっていないこと
・ワクチン接種、フィラリア感染症の予防がきちんとできていること
・100mlの献血をしている間(30分くらい)おとなしくしていられること
・横浜・相模原の動物病院に来院できること



献血の前に少しだけ血液を採って
キャンの血液と適合するかどうかのクロスマッチテストをします。
クロスマッチテストは30分から1時間くらいかかります。

どうか、どうか、ご協力をお願いいたします!!!!


かおりさんのブログ
http://ameblo.jp/doggiejunkie/



輸血ってなんだかとても怖そうとか、大変そうって思われるかもしれません。
だけど、ほんの少しの血液で助かる命があるのです。
繋がる命があるのです。
どうかほんの一歩、キャンちゃんの為に踏み出してあげてほしいです。

横浜・相模原近郊の、大型犬のオーナー様
大型犬を飼っているお友達がいらっしゃる方
どうか協力をお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

連絡
2010年11月18日 (木) | 編集 |
11月10日に、鍵コメをいただいたYさん。

メールを送っても、どーしてだか戻ってきます。
再度、アドレスを連絡ください。

お願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

お願い
2010年08月19日 (木) | 編集 |
こんばんわ、misaです。



サイトの方に症例の協力をしてくれている
ダックスフントのちなちゃん。

頑張って頑張って血を作ってるけど
PCVが一週間で13%も減ってしまうほどの猛烈なスピードで
今、血が破壊されています。

ちなちゃんの命を繋ぐには、輸血が必要です。



以下、飼い主さんであるnaocciさんのブログからの転載です。




2月に免疫介在性溶血性貧血と診断された ちな。
必死で闘病しています。

9b740aab-s.jpg



先日8回目の輸血をしました。
下げとまらない貧血。
輸血をしなければ命をつなぐ事ができません(;_;)
病院の供血犬だけでは間に合わない状況となってきました。
次もいつ輸血が必要となるか分かりません。

輸血には、ワンちゃんとその飼い主さまの協力が必要となります。

関西在住の1歳~8歳ぐらいまでで15kg以上のワンちゃん。
毎年のフィラリア予防やワクチン接種済みで健康なワンちゃん。
かかりつけ医は、奈良市で奈良公園・近鉄奈良駅の近所です。
緊急時は、京都市内(西京区・下京区)の病院になる事もあります。
クロスマッチテストが必要な為、病院まで足を運んで下さる方。
クロスマッチで適合しなかった場合は無駄足となってしまいますが
それでも良いよと言って下さる方。


このブログがたくさんの人の目に止まり
一人(頭)でも多くの方に協力していただけたらと節に願っています。

どうか、よろしくお願い致しますm(__)m




飼い主さんは、何が何でも治す!
そんな強い気持ちで治療にあたられています。

私達も、応援したい!
もう、誰も空へ送りたくない。

ワンちゃんの、ほんの少しの血が
飼い主さんの、ほんの少しの勇気が

ちなちゃんを助ける事が出来るのです。

どうか、どうか、
輸血にご協力、お願いします。

ご協力いただける方は、ちなちゃんのブログ
ooO まりもっちなわーるど Oooから連絡していただくか
メールフォームから、私達の方へ連絡をお願いします。

また、ブログをお持ちの方は
転載のご協力も、合わせてお願いします。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

色んな症例
2010年06月19日 (土) | 編集 |

梅雨真っ只中、みなさんとワンちゃんは

お元気にされてますでしょーか?

さてさて・・・

「溶血がおきているのにPCVが50以上あるワンちゃん」

のブログを見つけ、気になって気になって

眠れなくなった私・・・(笑)

このワンちゃん(ミニチュアダックスちゃん)は

溶血がおこっているけれど人一倍、血液を作っているらしく

最近のPCVは56.5%と高めです。

貧血が起きてなくても脾臓の肥大や発熱などの

心配と不安はあります。

そして現在は、食欲も元気もあります。

でも、とても珍しいケースなので

飼い主さんに厚かましくも症例をお願いしました。


このワンちゃんのご飯もドライフードに手作り食

だそーです。

手作り食って良いのかもしれませんね♪

愛情たっぷりですもんね♪


このワンちゃんの症例は

追ってアップしますね♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。