『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

無事に終わりました♪
2011年03月29日 (火) | 編集 |

報告が遅くなりましたが

先週の土曜日に

脾臓摘出、腸間膜リンパ節及び膵臓生検の手術が

無事に終わりました。

病理検査に出している為

詳しい結果はまだわからないのですが

病院の簡易検査では腸間膜のリンパ節の腫れは

転移性のものではなく新たに出来たものか

炎症性によるものらしいです。

取り出した脾臓も見せてもらいましたが

脾臓自体は腫れもないのでキレイな形で

色もピンクで問題ないよーに思いましたが

腫瘍部分は親指の爪ぐらいの大きさで

コリッとした硬さでした。

そして1歳の時から3歳ぐらいまで

膵炎を繰り返し今でも度々、リパーゼの数値が高いので

膵臓の細胞も一部切り取って

詳しく検査してもらう事にしました。

全ての検査結果は今月中にわかるそーですが

もうヒヤヒヤ、ドキドキして

何も手に付かない毎日です。


当のココは、二日間の入院から開放され

思いっきり甘えん坊になり

食欲も旺盛で以前と変わりなく元気です!!

元気すぎて・・・飛び跳ねたのが悪かったのか

お腹の中の傷口が開いてしまい

今日の午前中に再縫合をしてもらう羽目になりました。。。

昨日、退院したばかりなのに

今日は半日お預かりでご立腹だったココです(笑)

明日も病院でしばらく落ち着かない日々ですが

来月、11歳を迎えるってゆーのにもかかわらず

ハイパーな彼女を見ていると

きっと大丈夫♪

今度は絶対、何が何でも守ってあげる!!って

強い想いがこみあげてきました。

もし、悪性だったら・・・って思うと

怖くてまた凹むかもしれませんが

ココと一心同体、運命共同体の思いで

闘病生活を頑張っていく次第です!!


皆さんには色々とご心配いただき

ありがとうございました。

とても嬉しく心強かったです!!

これからもどうぞよろしくお願いします(*・ω・)*_ _))ペコリン



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。