『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

供血のお願い  西宮
2011年02月13日 (日) | 編集 |
こんばんわ、misaです。





西宮で、輸血を必要としているワンちゃんが居ます。

アニーちゃん。
12歳のミニチュアダックスフントの女の子です。

59753880_130.jpg

発症は先月。

最近少し元気がないなと思い
かかりつけの病院で検査してもらった結果
『自己免疫性溶血性貧血』と診断されたそうです。

お友達の協力で、二度の輸血を済ませましたが
免疫を破壊する力が強く、薬の副作用も出て弱ってきたので
獣医さんの勧めもあり、昨日脊髄検査を無事済ませました。

年齢的に全身麻酔の負担の心配があったようですが
検査と一緒に、未去勢だったので
子宮と卵巣の摘出手術もしました。
子宮は膿んでたらしく、結果リスク減らせたそうです。

今日の朝に飼い主さん、面会に行かれました。
アニーちゃん、病院の中を歩いていたそうです。
術後翌日に普通は歩けないらしいです。

飼い主さんはその姿を見て
『この子は、本当に生命力があり
生きたいと思いが強いのか、小さな体で一生懸命歩いてる姿に
私が凹んで泣いてたらダメだと思いました。』

と、思ったそうです。



供血の条件は

・7歳以下、体重5kg以上で健康である事
・西宮の門戸厄神の病院まで来ていただける事


クロスマッチに二時間ほどかかるそうです。

李は年齢が少しオーバーしていますが、元気なので
必要であれば協力するつもりで待機しています。

体重の条件は5kg。
協力できるワンちゃんは沢山いるはず。

また病院は土日でも開院しているので
お仕事されている飼い主さんでも協力できます。

どうか協力を、お願いします。



協力していただける方は
こちらから 直接飼い主さんへ連絡していただくか
私の方へメールをお願いします。

その際、件名に「供血の件」と記入をお願いします。

飼い主さんはお仕事をされていますし
また看病もされていますから
お返事が少し遅れる事もあるかと思います。
ご了承ください。



先日のパピヨンのきららちゃんの供血に
沢山の協力の申し出がありました。

アニーちゃんにも、沢山のわんちゃんの協力がありますように。
宜しくお願いします。






にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。