『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コロンちゃん アップ
2011年06月11日 (土) | 編集 |
こんばんわ、misaです。


ミニチュアダックスフントのコロンちゃんの症例を、アップしました。


コロンちゃんは、免疫抑制剤は一切服用しておらず
唯一のお薬ステロイドも、治療の為でなく
食欲がなかったので、ステロイドの副作用である「食欲増進」を期待しての
ほんの少量の処方でした。

一体何が良かったのか、わかりません。
いくらお薬を投与しても、どんな治療をしても
全く改善出来ないコも居れば
お薬の投与なしで良くなったコも、少ないですが居るのが現実。

沢山の症例をいただいて、ページをアップしますが
思うのは
同じ治療はなくて、同じ寛解もなくて、同じお終いもない。

それだけ治療が難しい。


発症するワンちゃんは減る事もなく
今もこの病気と戦ってるワンちゃんのブログを
しょっちゅう見つけます。

決して同じはないけど、戦ってるワンちゃんに
沢山いただいた症例の何かが
ほんの小さなヒントにでもなって欲しい。



コロンちゃん。
お薬なしでよく頑張ったね。
せっかく小さくなった爆弾が、もう大きくならない事
私も願ってるね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。