FC2ブログ
『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

病院三昧な夏。
2011年09月06日 (火) | 編集 |


自分のブログでも綴っていますが

今年の夏は、ウチのワンコたちの

病院、そして病院の病院三昧でした

らんまる君の膵炎に始まり

りんたんの誤飲

てんてんの皮膚炎と

中でも、らんまる君の膵炎は長引き

今、現在は元気に普段どーりの生活をおくっていますが

お薬の服用&回数は減っていますが通院も続いています。

膵炎・・・肥満気味のコや油っぽい食事を採っていると

起こりやすいそうです。

ステロイドや免疫抑制剤などの副作用でも

しばしば、起こる事もありますが

ウチのらんまる君、どちらも当てはまりません、

ハイ。

母犬のココちんやりんたんも膵炎を何度か起こしてるので

家族性のものらしいんですよね。

なので何に気をつけたらいいのか難しいのですが。

今回は食べてもすぐ嘔吐する事から病院に連れて行き

24時間の絶食絶水・輸液・薬(制吐剤・痛み止め・抗生剤・消化酵素など)の

治療を行った結果

1000以上もあったリパーゼの数値もすぐに下がったけれど

今度は腸炎も発症し(膵臓の近くに十二指腸がある為、併発しやすいそーです)

食欲が全くなく体温の低下に体重の減少と元気消沈・・・。

まさか、ひーちゃんと同じ病気じゃないの!?と

不安と心配でいっぱいでしたが

PCVは51と平常値。

集中治療の為に半日入院を5日間して腸炎は治まりましたが

今度は肝臓の数値が上昇してしまい

エコー検査で肝臓も診てもらいましたが

特別、異常はなし。

お薬の服用で今は数値も落ち着きつつあります

らんまる君、この夏は病気のオンパレードでしたよ~ε-(゚д゚`;)フゥ...

人間でも膵炎になると痛くて痛くて

動けなくなるそーなんですが

ワンコは我慢強いのかな?

スゴク痛いんだろーにシッポをふって

「大丈夫です」って力のない目で見つめるの。

健気で愛しい・・・。


長くなりましたが次回は病気の時に

重宝したものを紹介したいと思います



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。