『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

東京より、供血のお願い
2012年02月13日 (月) | 編集 |
こんばんわ、misaです。
すっかりご無沙汰してしまっていて、すみません。

私のプライベートブログの方にコメントが入りました。
またまたダックスちゃんの発症です。

ダックスフントのありすちゃん

ありすちゃん

入院6日目、今日PCVが急激に下がり
二度目の輸血を済ませたとの事。

一度目は病院からの紹介のワンコちゃん。
今日はご近所のワンコちゃんが協力してくれたそうですが
この先、何度の輸血が必要になるかわかりません。

今後の輸血に協力してくれるワンコちゃんを探しておられます。

条件は
・東京にお住まいのなるべく近距離にいる。
・ワクチン接種をしている。
・健康で元気な10キロくらい~(中型犬、大型犬)
・血液に大きく分けて+と-がありますが、出来れば-のわんちゃん。
(プラスでも輸血出来る可能性はありますのでお願いします。)
・出来れば去勢、避妊手術を受けているわんちゃん。


プライベートのブログにも書きましたが
供血って、なんだか勝手もわからないし
血を抜くなんて、なんだか怖いし
そう思いがちです。
それに、大型犬じゃないし
そう思われる方もいると思います。

だけど10kgの子でも、供血は出来ます。

知り合いの13kg弱のコーギー君が供血をし
そのおかげで、命をつないだダックスちゃんがいます。
70ccの血液です。
その70ccの血が、命をつないでくれました。

10kgくらいのワンコを飼ってる飼い主様。
アナタのワンコの元気を、どうか少し
ほんの少しでいいんです、ありすちゃんに分けてあげてください。
その血でありすちゃんは、確実に数日は生きられるのです。
そしてその間に、お薬が効いてくれるかもしれないのです。

どうかご協力を、よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。