FC2ブログ
『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

エピソード1
2010年06月12日 (土) | 編集 |
ムシムシしますね~↓↓

大阪も、いよいよ明日ぐらいに梅雨入りかな

この季節がいちばん嫌です

ひまわりがIMHAを発症する前(去年の1月~)

てんかん発作を起こしMRIを受けたけど脳の異常は認められず

特発性のてんかんと診断されました。

一日に1、2回あった発作が

フェノバルビタール、ゾニサミド、臭化カリウムを

服用するようになって2週間に1回、1ヶ月に1回、3ヶ月に1回

の頻度にまで治まってくれたのですが

去年のちょーど今じぶんは梅雨時で発作も度々あり

副作用のフラツキも酷くて目が離せませんでした。。。

そして夏がやってきた頃には発作も少なくなり

フラツキもなくなって、それはもう元気なひまわりになってました

夏が終わり秋が始まる頃に、まさかこんな難病になるとは

夢にも思いませんでした・・・。


ひまわりの場合、吐き気と肝臓の数値が高かったので

最初は、てんかんのお薬の副作用だと思われてました。

そしてIMHAの診断が出た時に、薬物が関係してるんではないか?

半年以上飲んでいたフェノバルビタールのせいかも・・・?

なんて先生と話してたのですが、てんかんのお薬で発症した例は

聞いた事がないらしく、もしそーだったとしたら服用後もっと

早い時点で発症しているだろうとゆう見解でした。


私がこの病気の事を勉強しだしたのは

この病気が憎いと同時にもっと理解しようって思ったから。

何で?どーして?こんな病気になるの?

色々な説がいわれてるけど確証がないんですよね

せめて予防する方法があれば・・・と思うのですが。

やはり免疫を正常化しておくべきなんだろーけど

免疫って目に見えないですし、わかんないですもんね

免疫の病気も沢山あるし、病気になってみて初めて

免疫の怖さを知るんですよね。。。

そんな中で免疫のサプリ見つけました♪

評判は良いと悪いの半々だけれど

注文して届いたら報告しますね


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。