FC2ブログ
『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

マッキーちゃん親子 アップ
2010年06月13日 (日) | 編集 |
こんにちわ、misaです。


ミニチュアシュナウザーの
マッキーちゃん・楓ちゃん・ななちゃんの症例を、アップしました。



免疫介在性溶血性貧血は、治療法も確立されていませんが
原因も確立されていません。

フィラリアやワクチンの接種が引き金になるとか
遺伝的な問題であるとか
いろいろ言われていますが、そのどれもが憶測です。

そんな中、今回いただいたのは
母犬とその子供の発症例です。

親子・兄弟での発症、私も今回はじめて見ました。
こんな事もあるのかと驚き
また、何度も辛い思いをしなければいけない飼い主様の心情を思うと
私の心も痛みます。

そして、この病気は
雄よりも雌の発症率の方が高いとも言われていますが
マッキーちゃんには、息子もいます。
だけど、発症したのは娘です。

マッキーちゃん親子の発症は
いろんな事が考えられる貴重な症例だと思います。

残念ながら、子供である楓ちゃんとななちゃんは
お星様になってしまいました。
だけど、お母さんであるマッキーちゃんは
今現在も、病気と戦っています。
PCVもまだ正常値ではありません。
飼い主様は、不安な毎日を過ごしておられる事でしょう。

そんな中、サイトにご協力していただきました事
心よりお礼申し上げます。

そして、マッキーちゃんの寛解を
私達も願い続けています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。