『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

生きる力
2010年06月17日 (木) | 編集 |

暑いですね~

湿気が多くてベタベタします(*´-д-)フゥ-3

さてさて・・・

この病気の飼い主さんのブログや皆さんに頂いた

症例を読ませてもらっては色々と考えさせられる

日々を送っています。


ステロイド・・・魔法のお薬ですが、ひまわりはあまり

反応がよくなかったんですよね。

大量のお薬に副作用として肝臓・腎臓に影響が

でてしまう・・・医原病なんですよね。

病気を治そうとする医療行為が病気の原因を

招いてしまう。。。

難しいですよね。

でも、そんな中で5年前に発症して寛解し

今回、再発されたワンちゃんがいます。

ステロイドの影響で肝臓・腎臓・膵臓に負担が

かかった為に飼い主さんの自己責任でお薬を

やめてしまわれました。

今は飼い主さんの愛情いっぱいの手作りご飯に

ワンちゃんは食欲も元気もあります。

それでも現在、闘病中に変わりはないのですが

そういう考えもあってもいいと思うし

なんといってもワンちゃんの表情が生き生きと

してきたのを見ると私も飼い主さん同様、

ワンちゃんの生きる力を信じてます。


このワンちゃんの症例をお願いしていますので

追ってアップしますね♪





にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。