『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

彼女のキモチ
2010年09月16日 (木) | 編集 |

空も高く感じて

陽射しも優しくなって

すっかり秋に近くなりましたね。

なんだか騒がしかった

猛暑だった夏が懐かしく感じられます・・・

っと言ってもつい最近の事なのにね(笑)


この頃、ひまわりの夢をよく見ます。。。

きまって病院の待合で抱っこしてる夢なんですが・・・。

なにか言いたい事があるのかな?

とっても気になります。


ひまわりが亡くなってから

闘病中の気持ちや

旅立つときの気持ち・・・

その中でも最後の診察で彼女がとった

不思議な行動の意味が知りたくて

チャネリングを受けたことがあります。

それは・・・

診察が終わって駐車場に出たときに

いつもなら真っ直ぐに車のとこまで歩いていくのに

その日はUターンしてまた病院の入り口に戻っていく事を

繰り返したのです。

その意味は何か・・・?

彼女はその日が最後の診察だとわかっていた。

「ひーちゃん、もぉ頑張れない・・・」

って主治医の先生に伝えたかったようです。

そして最後にお礼が言いたかったみたいです。

その日は、主治医の先生はお休みで

代診の先生に診ていただいたけど

ひまわりは主治医の先生を探して

そんな行動をとったようです。。。



親ばかですが(笑)

最後まで彼女は律儀なコでした。


チャネリング・・・信じるか信じないかは

本人次第だけど

私はそのお話を聞いて心が少し楽になりました。

そして何よりも彼女の気持ちが聞けて

嬉しかった。


気休めかもしれないけれど

ひまわりが度々、夢に出てくること

その理由を知りたくて

またチャネリングを受けに行ってこようと

思います♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。