『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

鎮魂の灯
2010年12月10日 (金) | 編集 |
こんばんわ、misaです。



神戸では、ルミナリエが始まりましたね。
初日の点灯のニュースを見た時
「えっ?ルミナリエって去年もしてた?」
ちょっと考えてしまいました。

一昨年は、随分と久しぶりのルミナリエを楽しみに行きました。
だけど、去年のルミナリエの記憶が
全くありません。

あぁ、そうか。
去年はルミナリエどころじゃなかったんや。

今年はまだ、ルミナリエを楽しむ気持ちにはなれないけど
来年のルミナリエには、出掛けられるようになれてたら良いなぁ。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
misaさん、みいこさんこんばんは☆

私も9月にシーズーのモモカをこの病気でなくしました…
1度目は6歳の時、PCV9%まで下がり、輸血を1回してなぜか回復。
2度目は9歳の時、1度目の輸血のせいで、合う血液がなく輸血できず、ステロイドのみで回復。
このころから狂犬病の予防注射を接種しなくなり、
これが原因だったのかな~なんて思っていて
12歳になったころ心臓が少し悪くなってきて、
一般的な病気で最期をむかえるんだろうなって
いつかくるその時の為に覚悟しないとね~と家族で話していたときでした。
血小板と赤血球を攻撃してしまって、
内出血に気づいてから4日で駆け足で旅立ちました。。
初めてのワンコで、目に入れても痛くないくらい
可愛かった(親ばか)ので、
もうすぐ3回目の月命日ですが、
可愛い思い出と、苦しんで、下血、吐血、脳貧血の痙攣していた時のことを両方思い出し、
落ち着いている日もあるけど、
時々とても辛いです…

こんな病気なければ良いのに!

この病気は早期発見出来ても、
治療にワンコが反応できないこともある
怖い病気ですね。

この病気と闘ってる動物さんみんなが良くなるように願っています!

長々とすみませんでした(>_<)

2010/12/10(Fri) 22:59 | URL  | lovemomo #-[ 編集]
Re: タイトルなし
lovemomoさん

こんばんわ。
書き込み、ありがとうございます。

再発ですか…
モモカちゃんはまだまだみんなと居たかったから
二度も、病気を乗り越えたんでしょうね。
モモカちゃん、本当に頑張ってくれましたね。

早期発見で助かる病気が多い中
この病気は、早期発見したからと安心できる病気ではありません。
それがまたなんとも歯がゆいです。

私は、杏を亡くしてまもなく一年です。
なのにまだ涙する日の方が多いです。
三ヶ月じゃ、辛くて当たり前です。
無理に元気になろうとせず、ゆっくりゆっくりで良いんです。
モモカちゃんは、その日まで一緒にゆっくり歩いていってくれますよ。
って、いつも自分に言い聞かせてます。v-410

モモカちゃんのご冥福を、私も祈っていますね。
2010/12/14(Tue) 01:52 | URL  | misa #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。