『免疫介在性溶血性貧血』 大切な我が子を、この病気に奪われました 。 敵をとるために、この病気に関してのサイトを立ち上げました。 そのサイトの管理人「みいこ」と「misa」のつぶやきブログです。

幸せのしっぽのために

『 免疫介在性溶血性貧血 』に関するサイトです。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

遠い約束
2010年12月16日 (木) | 編集 |


刻々とひまわりの命日に近づいてきました。

あの頃を思い出しては、また涙の量が

増えてきました。。。


去年の闘病中に病院でひまわりと同じ

キャバリアのメルちゃんとゆう男の子と

知り合いました。

メルちゃんは去年の春からガンと闘っていました。

少し落ち着いていたのだけれど

ひまわりが通院しだした頃から調子が悪くなり

毎日朝晩、点滴に通われていました。

ひまわりもメルちゃんも怖がりで

最初こそ警戒していましたが

病院に着くとお互い探して隣同士座る仲になり

診察が始まるまで仲良く寄り添っていました。

ある時なんか処置室で2ワン並んで

点滴をしていたり・・・

とても微笑ましい光景でした。

病気のワンズに不謹慎だと思い

2ショットの写真は撮れませんでした。

でもある日、メルちゃんのママさんと

「無事にお正月を迎えよう。

そして年が明けたら記念に写真を撮ろう。」って

約束をしました。

それから一週間後に、ひまわりは亡くなり

年が明けて少し経った頃、

ひまわりが亡くなった二日後にメルちゃんが亡くなったと

先生から聞きました。。。


約束は叶える事が出来なかったけど

目をつぶればあの時の光景が鮮明に

思い出されます。

お互い辛い治療だったけれど

とても有意義でしあわせそーな顔をしていました。


今頃は虹の橋の国で

仲良く走りまわってる事だろうと思います。


近年、ガンに発症するワンコも増えてきています。

ガン以外にも色んな病気で苦しんでいるワンコも

沢山います。


どんな病気にも負けない強い心の飼い主でありたい。

そして獣医学の更なる発展を願ってやみません。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

一人でも多くの人に見てもらえるように…
ぽちっ、お願いします。

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。